私はひげの脱毛ができたらと考えています

私はひげの脱毛ができたらと考えています

私は、ひげが非常に濃いです。毎朝、時間をかけて丁寧に剃るのですが、夕方にはまた剃った方がいいのではないかと思えるほど、ひげが生えてきています。
ひげが濃いとなんとなく老けて見えるような気がします。いっそのこと、ひげを全部抜いてしまいたいくらいです。

 

鼻の下や頬だけでなく、顎の下部や首にまで生えてくるので、毎朝剃るのが結構大変です。
散髪に行ったとき、必ずひげそりもやってもらうのですが、髪を切る時間よりもひげを剃る時間の方が、はるかに長くかかってしまっています。
あるとき、ひげの脱毛の広告を目にしたことがあります。私は、その広告にくぎづけになってしまい、一生懸命説明を読んでしまいました。

 

全体的にひげを間引くことで、頬などが青くなるのを防ぐことができるとの説明文もありました。
長年、濃いひげに悩まされてきた私としては、それはとても魅力的な広告に見えました。
しかし、その広告には、ひげ一本につくいくらとの表示がされてありました。
顔や首に生えているひげの本数とはいったい何本くらいなのでしょうか。きっとかなりの本数だと思います。

 

それを脱毛するとして、一本につき数円だとしても何万円もかかってしまいそうです。
経済的に余裕がないので、脱毛はあきらめざるをえませんでした。

自己処理の最大の敵は・・・

数年前に光脱毛で脇の下を処理しています。
太い毛はだいたいきれいになくなっているのですが、産毛のような細い毛はうまく処理できないようで、
そういった毛がまだけっこう残っています。
冬場は特になにも自己処理していませんが、夏場はノースリーブを着る機会も多いので、
その細い毛だけを毛抜きで自己処理していました。
先日お風呂に入っている時になんとなく脇を見てみると、
あれ?よく見えない!
しばらく考えて理由がわかりました。
どうやら早くも老眼の兆候が出てきたようなのです。
少し前から近くが若干見えにくいかなとは思っていましたが、自覚するとショックなものですね。
近くが見えにくいので、今年は脇の下の自己処理をどうしたものかと悩みます。
無理してみると目が疲れるし、処理がきちんと出来ていないと恥ずかしいので、
電動シェーバーを買って処理するのが良さそうです。
電動、手動にかかわらず、シェーバーは肌を傷めそうで気になるんですよね。
今の光脱毛は当時より技術も向上していそうだし、
一度ダメもとでカウンセリングだけでも受けてみようかしら。

細い毛も処理できるようになっていたら、ウデのひじ下とか顔も少しきれいにしたいな、
なんてどんどん欲が出てきてしまいそうです。

ワックス脱毛の効果と毛周期の関係性

毛抜きでムダ毛を処理しようとすると、途中で切れてしまう事があります。
途中で切れてしまうと、当然毛根は残ってしまうので、すぐにムダ毛が生えてきてしまいます。
そこで、毛根からしっかりとムダ毛を取り除きたいという女性にオススメしたいのが、ワックス脱毛です。

 

ワックス脱毛ではまず、ムダ毛の処理を行いたい部位の肌にワックスを塗ります。

このワックスとは、独特のとろみを持った液体です。
そして、一定時間が経過したら、シートをその上から貼り付けて、毛の流れとは逆方向に剥がす事で、ムダ毛を毛根から取り除きます。
毛周期で見てみると、成長期及び退行期のムダ毛を、取り除く効果が期待できます。

 

毛周期とは、毛の成長サイクルの事です。

毛母細胞が分裂し、毛細血管から栄養を取り込んで肌表面へと伸びてくる時期を、成長期と呼びます。
そして、毛母細胞の分裂が終わると、退行期と呼ばれます。
ムダ毛と毛乳頭の結合が完全に終わると、休止期となりムダ毛は自然に抜け落ちます。

 

こうした毛周期の生え変わりサイクルの中で、ムダ毛は生えて来ているのです。

勿論、毛周期はその部位によって異なります。
つまり、成長スピードの早い部位は、それだけムダ毛が生えて来やすいと言えるでしょう。

 

そんな毛周期において、成長期及び退行期にあたるムダ毛は、全体のおよそ2割から3割となります。
つまり、ムダ毛の7割から8割は、取り除けないという事になります。
その為、一時的にはつるつるすべすべの肌は手に入れられますが、長期的な効果は期待できません。

 

こうした事から、ワックス脱毛は脱毛というよりも、除毛に近い方法と考えるのが良いでしょう。

しかし、カミソリや毛抜きを使った自己処理と比較すると、効果は長持ちします。
また、継続して取り組む事によって、次から生えてくるムダ毛を段々と細くする効果も期待できます。
こうした効果は、カミソリや毛抜きを使った自己処理では、まず得られないものです。

 

以前は、エステサロンや脱毛サロンに通わなければ、ワックス脱毛の施術を受ける事は不可能でした。
ただ、数年前から雑誌やメディアで注目を集めている事により、最近では自宅で施術が行える自宅用ワックスも販売されるようになりました。
しかも、ハンドメイドできるワックスのレシピなども、インターネットで調べれば簡単に見つかります。
その為、新たな自己処理の方法としても、ワックス脱毛は注目を集める存在となっています。