女33歳、厄年に悩む

女33歳、厄年に悩む

実は私、この年齢まで脱毛エステに通ったことがありません。

 

プールで水着になるとか、スーパー銭湯に行くとかいったようなときには、100円均一で購入した安全カミソリで自己処理して終わりです。
普段は、ノースリーブも着ないから脇や腕がムダ毛だらけでも問題ないし、足のすね毛も結構生えてますが、みんな、そこまで人の足なんて見てないですよね?そう思ってほったらかしていたのです。

 

私はそもそもファッションや見た目にお金や手間をかけるほうではなく、また友人もそういうタイプばかりだったので、脱毛エステの広告なんかを見ても、「そんなものにお金をかけるなんて、ヒマとお金が余ってるんだな〜」としか感じていませんでした。

 

でもこの間、職場の昼休みにどういう流れか腕の太さの話になり、私より10歳若い新人の女の子がなんのためらいもなく袖をまくりあげてキレイな腕を人目にさらしたときに、ぐっと衝撃を受けました。
私の腕は「毛並みが良い」と表現してもいいほどムダ毛が生えそろっていて、とてもじゃありませんがこのつるつるすべすべの肌の隣に並べられるようなものではありません。

 

こ、これはまずい。さすがに、自分の人生の過ごし方というものについて再考してしまいました。
まずは脱毛エステのトライアルから始めてみようかと思います。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛は、ただムダ毛の処理が行えるだけでなく、ソフトピーリング効果も期待できるというメリットがあります。
ソフトピーリング効果では、不要な角質を取り除く事が出来るので、つるつるの肌を手に入れる事ができます。
しかし、メリットばかりという事は、まずありません。
そこで、ワックス脱毛を行うという女性は、デメリットもきちんと把握しておく事をオススメします。

 

まず、痛みを伴うというデメリットです。

ワックス脱毛では、毛根からムダ毛を引き抜く事になります。
その時に、痛みを感じるのは当然と言えるでしょう。
しかし、継続的に行っていると痛みに慣れるという声も少なくはありません。

 

ただ、あまりにも痛みが強い場合は、他の脱毛方法に変更した方が得策です。
また、エステサロンや脱毛サロンで施術を受ける場合、施術を行うスタッフの技術によっても、痛みが左右されるケースがあります。
こうしたケースの時には、担当のスタッフを変更してもらったり、違うエステサロンや脱毛サロンに通うようにすると良いでしょう。

 

続いて、ムダ毛の長さが必要になるという事です。

ワックスを塗った時に、ムダ毛の長さが無ければ、まず引き抜く事はできません。
その為、ワックス脱毛ではおよそ3mmから1cm程度のムダ毛が必要になります。
つまり、多少ムダ毛を伸ばさなければ、脱毛が行えないというデメリットがあるのです。

 

こうしてムダ毛を伸ばしている時期は、どうしてもその部位の露出は躊躇われてしまうはずです。
しかし、ワックス脱毛にはムダ毛を細く柔らかくするというメリットがあります。
その為、ムダ毛の長さが必要であったとしても、継続的に脱毛を行っていれば、いずれは気にならなくなるでしょう。

 

そして、肌質次第では肌トラブルが起こるというデメリットもあります。

このデメリットはごく稀ですが、シミが出来てしまったという声もあります。
また、埋没毛がある状態で脱毛を行うと、内出血のような肌トラブルが起こる事もあるようです。
その為、肌質は勿論の事、肌の状態も確認してから行うようにしましょう。

 

こうした肌トラブルに関するデメリットは、事前にパッチテストを行う事で回避する事が出来ます。
脱毛前には必ずパッチテストを行い、問題が無いかどうか確認しましょう。
もし、赤みやかゆみ、腫れといった肌トラブルがパッチテストで起こった場合は、脱毛を控えるのがベストです。
また、生理によって肌が敏感になるというケースもあるので、念の為に生理の時期も脱毛を控えるようにしましょう。